橋本高等学校中学校
橋本高等学校

〒648-0065 和歌山県橋本市古佐田4丁目10番1号 TEL:0736-32-0049 FaX:0736-34-2185

E-mail: postmaster@hashimoto-h.wakayama-c.ed.jp

重要なお知らせ

☆令和3年 入学案内→こちら

更新履歴

2021/4/9
1学期行事計画を『関係者専用(要パスワード)』のページにUPしました
2021/4/7
校長挨拶を更新しました
2021/4/1
保護者の皆様へ(新型コロナウイルスに関して)をUPしました
2021/3/23
図書館だより3月号をUPしました
2021/3/22
PTA規約、体育後援会規約及び文化後援会規約をUPしました
2021/3/19
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2021/3/14
陸上競技部のHPを更新しました
2021/3/11
橋本高等学校 合格者説明会、入学式の駐車場についてをUPしました
2021/3/11
令和3年度和歌山県立高等学校入学者選抜の合格発表についてをUPしました
2021/3/2
本校に入学を希望される皆様へ(今後の日程、諸経費等)をUPしました
2021/2/16
国際理解授業のHPを更新しました
2021/2/15
ユネスコスクールのHPを更新しました
2021/2/13
邦楽部のHPを更新しました
2021/2/10
3月の授業日程をUPしました
2021/1/18
図書館だより1月号をUPしました
2020/12/22
3学期行事予定をUPしました
2020/11/19
奨学金(進路指導部担当分)のページを更新しました
2020/11/19
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/10/30
奨学金(進路指導部担当分)のページを更新しました
2020/10/29
学校開放週間について
2020/10/22
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/10/08
2学期行事予定を更新しました
2020/10/05
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/9/23
奨学金(進路指導部担当分)のページを更新しました
2020/9/02
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/9/02
【保護者の皆さまへ】P連推薦の中学生・高校生総合補償制度の加入者に対する新型コロナウイルス感染症の対応についてをUPしました
2020/8/25
【保護者の皆さまへ 要パスワード】新型コロナウイル関係「文部科学大臣からのメッセージ」(8/25)をUPしました
2020/8/19
2学期行事予定をUPしました
2020/8/07
【生徒・保護者の皆さまへ 要パスワード】令和2年度修学旅行についてをUPしました
2020/8/07
令和3年 入学案内をUPしました
2020/8/07
【生徒・保護者の皆さまへ 要パスワード】夏季におけるご家庭での過ごし方についてをUPしました
2020/8/04
【生徒・保護者の皆さまへ 要パスワード】コロナウィルス感染症対応お願いについてをUPしました
2020/8/04
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/8/04
図書館だよりをUPしました
2020/8/03
図書館だより7月号をUPしました
2020/7/06
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/6/30
図書館だより6月号をUPしました
2020/6/18
奨学金(進路指導部担当分)のページを更新しました
2020/6/16
1学期行事予定をUPしました
2020/6/8
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/6/1
校長挨拶教育目標を更新しました
2020/6/1
奨学金(事務室担当分)のページを更新しました
2020/5/29
学校教育活動の再開についてをUPしました
2020/5/19
部活動のページを更新しました
2020/5/19
国際ユース作文コンテスト(各自応募)応募の案内をUPしました

ニュース

4月9日(金) 対面式・クラブ紹介が行われました

昨日入学式を終えた新入生を歓迎する行事が、生徒会主催で行われました。運動場で行われた対面式では、生徒会と新入生代表 がそれぞれ挨拶の後、在校生から新入生の各クラスに歓迎の鉢植えが贈呈されました。

クラブ紹介では、各クラブが体育館でパフォーマンスを繰り広げ、新入生の入部を促しました。

4月8日(木) 令和3年度入学式が行われました

春の暖かな日差しが新入生を歓迎する中、古佐田丘中学校と 橋本高校の合同入学式が挙行されました。希望で胸を 膨らませた生徒達が古佐田が丘を登って来ました。

式では吹奏楽部演奏の曲で新入生が入場し、 生徒会代表の挨拶などで、新入生の入学を心から歓迎しました。

4月7日(水) 令和3年度始業式が行われました

本日、新任式と1学期始業式が行われました。今年度新たに12名の先生方が転入されました。新任式の後は、始業式が行われ、井筒新校長は「本校の校訓である自治と自由のもと、『当たり前のレベル』を上げること」「『時を守り、場を清め、礼を正す』ことの意義を理解し、自分のものに出来るよう取り組んで欲しい」などのお話をされました。

3月25日(木) 中国四川省華陽中学と2回目のオンライン交流を行いました

中国四川省華陽中学で日本語を学ぶ高校1年生の生徒たちと2回目のオンライン交流を行いました。今回は華陽中学の生徒たちが、パンダ、四川料理、中国茶、流行っているものを日本語で紹介してくれました。本校からは、邦楽部が琴の演奏、茶道部が作法披露を行い、日本の文化を紹介しました。また放送部は3教室をつなぐ中継と司会を担当しました。演奏が終わると、中国の生徒たちが拍手をしてくれ、ちゃんと伝わったということが実感できました。中国側のWi-Fiが不安定で、音声や画面が途切れたりしましたが、お互いに笑顔で、手を振ったりしながら、画面越しの国際交流を楽しみました。互いの文化の共通点や異なる点を知ったり、マスクの着用状況などを聞くことができ、リアルな中国に触れることができました。

3月22日(月) 第1回リモートクイズ大会が開催されました

ソーシャルディスタンスを保ちながら全員が参加できる学校行事をしようと、生徒会執行部が校内リモートクイズ大会を企画しました。ICTのパイロット校でもある本校の特色を生かしたイベントを行いたいという生徒会長の発案のもと、中学校1年生から高校2年生までの16クラスが、1人1台パソコンを駆使して、クイズで対決しました。クラスの誰かが答えをひらめくたびに、「すごい!」「頭いい!」と、仲間を称える声があがり、とても盛り上がりました。接戦を制し見事初代優勝に輝いたのは、少人数クラスならではの結束力と柔らかい思考力を発揮した、中学校3年B組でした。生徒会執行部メンバーには、自分たちの手で新たなイベントを作り上げることができたことへの達成感が満ちあふれていました。

3月1日(月) 令和2年度(第73回)卒業証書授与式を挙行いたしました

令和2年度(第73回)卒業証書授与式が無事終了し、197名の卒業生が旅立ちました。
晴れの門出を心からお祝いします。見事な三年間でした。益々のご活躍を期待しています。

2月25日(木) 令和2年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰受賞しました

本校の学校運営協議会の前身である「橋本高等学校・古佐田丘中学校 中高一貫学校地域連携推進委員会」のこれまでの活動が認められ、「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰の受賞が決定し、2月25日にオンラインによる表彰式がありました。表彰式に出席された学校運営協議会の北浦会長は、表彰式後のワークショップのグループトークでも積極的に発言され、他地域や公民館との連携の可能性について協議を深められていました。

1月28日(金) ニュージーランドの高校生とオンライン交流を行いました

2年D組の「コミュニケーション英語Ⅱ」の授業の中で、ニュージーランドの高校生、Grace Smithさんとオンライン交流を行いました。Grace Smithさんはかつて日本で英語教員をしていた方の娘さんです。県から配布された1人1台PCを用いてZOOMでの交流です。繋がると、生徒が順番に自己紹介をして英語で質問していきました。1人対42人、しかも音声が聞き取りづらい状況になったりもしましたが40分あまりの交流時間はあっという間に過ぎました。質問ができなかった生徒が、授業後に”What is your dream?”という質問を送ると、”I think my dream is to live a long happy life with lots of different experiences, I want to be able to travel and see the world and meet lots of interesting people and see cool places.”という素敵なコメントが返ってきました。質問をした生徒も、夢を1分程度の動画で送り返すなど、個別に授業後の交流を続けています。

1月14日(木) 中国西安外国語大学附属西安外国語学校と2回目のオンライン交流を行いました

西安外国語学校の生徒と本校生徒1、2年生9名の生徒が2回目のオンライン交流を行いました。今回は西安や橋本を訪れた時の旅行プランを紹介しました。本校の生徒は、高野山や白浜、USJなど関西地方を中心とした旅行プラン、中国の生徒は、「2泊3日の西安の旅」を紹介しました。その後は、導入されたばかりの一人一台パソコンを使い、3グループに分かれてグループディスカッションを行いました。生徒たちは、英語や日本語、時には筆談で、学校生活のことやコロナ禍での過ごし方などを話し、画面越しの国際交流を楽しみました。

1月8日(金) 台湾台北市立南港高級中学とオンライン交流を行いました

2年生の「総合的な探究の時間」の取り組みの中で、台湾について研究しているグループの5名の生徒が、南港高級中学の生徒とオンラインで交流しました。コロナ禍にあって、台湾や日本の日常の様子や、正月の過ごし方などの情報交換をしました。台湾の生徒からは、日本のオリンピックの開催はどうなると思うかなど、日本についてもとても関心が深いことがわかりました。

12月17日(木) 中国西安外国語大学附属西安外国語学校とのオンライン交流授業を行いました

中国西安外国語大学附属西安外国語学校の生徒と本校生徒1、2年生9名の生徒がオンライン交流を行いました。最初に自己紹介をしたあと、パワーポイントでそれぞれの地域の観光スポットを紹介しました。本校の生徒は、日本や和歌山の主な観光地と高野山を英語で紹介し、中国の生徒は、兵馬俑、大雁塔、西安の美食を日本語で紹介しました。その後はお互いに質問をし合い、好きな科目や好きな食べ物など身近な話で盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。

11月26日(木) 中国四川省華陽高校とのオンライン交流授業を行いました

中国語を学んでいる生徒と中国四川省華陽高校の生徒がオンラインで交流授業を行いました。生徒達は、橋本高校の紹介や日本で流行しているもの、食べ物などを、中国語で紹介しました。中国の生徒のみなさんも興味を持ってくれ、日本語で質問もしてくれました。オンラインの画面越しでしたが、友好を深めることができました。

11月05日(木) 「世界津波の日」シェイクアウト訓練を行いました

1限目は、東北地方太平洋沖地震によってもたらされた東日本大震災に際し、救援活動の使命を受け橋本消防署から派遣された隊員の体験談を元に、今後高い確率で生じるであろうと言われている南海トラフ地震への備えや、自助・共助の大切さについて、講話を頂いた。2限目は、シェイクアウト訓練と避難行動訓練を行った。真剣な眼差しで速やかに行動することができたが、実際の場面、咄嗟の場面でも落ち着いて行動するよう隊員より示唆を受けました。

10月26日(月) 校内バレーボール大会を行いました

さわやかな秋晴れの中、中学生は体育館で、高校生はグラウンドにコートを設営し、バレーボール大会が開催されました。特に2週間前から体調管理をしっかりと行い、毎日検温と健康観察アンケートを提出することで安全面を確認し、生徒全員の協力と先生方の支援の中で実現した行事でした。「笑顔でー」「一本返そう」「盛り上げていこう」「ナイスボール」「ドンマイドンマイ」「切り替えてぇ」「よっしゃぁー」など、熱い言葉が聞こえました。

9月17日(木) 橋高祭を行いました

9月17日(木)、橋古祭が行われました。今年は例年以上に生徒会が中心となり、文化の部・体育の部を同日開催とし、会場の確保、企画・運営をほぼゼロから行うという、まさに校訓の「自治と自由」にふさわしい橋古祭となりました。 文化クラブの日頃の活動の成果の展示や発表・パフォーマンス、そして、全クラスが作成したクラス紹介ビデオもレベルの高いものでした。 また、各種リレーやダンスなども思い出に残るものでした。 PTAの皆様にも、早朝から交通指導などご協力いただき、ありがとうございました。 例年通りの学校行事が実施しづらい中、コロナ禍というピンチを逆にチャンスと捉え、生徒、PTA,教職員一丸となり、新たな橋高文化が芽生えた一日となりました。

9月2日(水) ベトナム研修報告会を行いました

今年1月に和歌山県ベトナム派遣プログラムに本校より参加した3年生の3名の生徒が、ベトナムの日常生活や経済の状況など、現地で体験してきたことや感じたことなどを紹介してくれました。日本とベトナムとの関係や、訪問先での交流の様子、街の様子やベトナム料理などたくさんの写真をそえて、日本語だけでなく、流ちょうな英語でもプレゼンしてくれました。

8月17日(月) 2学期が始まりました

9日間という例年になく短い夏季休業が終わり、本日から2学期が始まります。コロナウィルス感染症、熱中症等への対策として、始業式も放送で行うことになりました。校長はマイクを通じ、本校の鳩の校章や自治と自由という校訓を題材に、戦後、誰も経験したことのない状況の中で築き上げられてきた平和と民主主義の構築について話をし、現在の状況に対しても、皆で知恵と心を合わせて取り組むことの大切さを生徒に伝えました。

7月31日(金) アジア・オセアニア高校生フォーラムに参加しました

29,30,31日の3日にわたり、アジア・オセアニア18の地域や国、日本からは和歌山以外に5県の高校生をつないで、アジア・オセアニア高校生フォーラムがWeb上にて開催されました。本校からは3年生の美濃春奈さんが参加し、食糧問題の分科会で発表しました。

7月10日(金) SDGs講演会

ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)プログラムスペシャリスト篠田真穂氏を本校に招き、SDGsに関して講演をいただく機会が実現しました。篠田氏は、終始一貫して「自分たちの身近なこととして足元からとらえること」を説かれ、SDGsの17目標と関わって、環境・社会・経済の関係、当たり前を疑ってみること、「男女って何?」とジェンダーに関することまで、生徒達の意見も楽しく交えながら、自ら動くことの大切さを教えてくれました。

7月8日(水)第1回 学校運営協議会開催

橋本高等学校・古佐田丘中学校 第1回学校運営協議会が開催されました。地域のために各方面で尽力されている委員7名の方々に出席していただき、「学校と地域が連携しあって双方向に交流し、お互いに高め合っていける関係を築いていきたいですね。」という理念を共有し、本校校長の示した学校運営方針が承認されました。その後も、具体的な取り組みの可能性について活発な意見交流がなされ、今後の学校運営に対し、多くの示唆をいただきました。

7月8日(水)警報解除されました

警報が解除されましたので、
生徒の皆さんは、くれぐれも安全に注意して登校して下さい。

なお、ホールは休業しています。
昼食は各自準備をしてきて下さい。

6月25日(木)生徒総会・生徒会役員選挙立会演説会

橋本高校の校風である「自治と自由」をまさに実践する生徒会活動。
生徒の自主的な運営で、クラブ予算・決算についての審議が行われました。
続いて、生徒会役員選挙立会演説会が行われました。各候補者はコロナ禍の中、新しい学校行事創設のために、自分たちで考え行動していきたい等の抱負を述べました。

6月1日(月)学校再開

古佐田ヶ丘の学び舎に子供たちの声が帰ってきました。ソーシャルディスタンスを保ちながらも、友人との再会、授業での活動等、教室の中で生徒達の輝く瞳を目の当たりにし、本来の学校の姿を実感しています。今後も感染症予防に最大の注意を払いながら、創意工夫をこらして特色ある教育活動を行っていきたいと考えています。
詳しくはこちら

4月17日(金)張卓寧さんから橋本高校のみなさんへメッセージ

詳しくはこちら

4月8日(水)桜開花

例年にない形で年度末を迎えることになりました。 しかし、橋古坂の桜は例年通り美しい花を咲かせてくれました。 明日からは新年度が始まります。気持ち新たに頑張りましょう。

3月11日(水)防犯カメラの設置

正門と東門に外部からの不審者の侵入を24時間監視するための 防犯カメラを設置しました。これは県教育委員会が学校生活の 安全を考えて付けてくれたものです。